いろいろ、何色? Part 2 日頃のデキゴトをつれづれなるままに …たまに毒をはきます (ぉ

スポンサーサイト
[No.] -------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
とりちがい
[No.36] 2006-04-20 Thu 16:13
 男女平等とか言いながら、結局こういうことなんです。
 まぁ、「こんなこと」がニュースになるくらいなんだから、やっぱり日本は平和なんだな。

女性検事正、「年齢聞くんですか」 (朝日新聞) - goo ニュース

 私は男尊女卑崇拝者でも、女性蔑視者でもありません。
 が、正直こういう話しが出るたびに「あ~ぁ、まだバカなこと言ってる」と思わざるを得ません。

 「それでも女性と男性は明らかに違う」ところがあって、その人その人が考えればいいこと」だと思っています。「男女平等」や「男女共同参画」を全部いっしょくたにしないで欲しい、ということだけです。

 「女性に年を聞くのはタブー」なのはマナーであって、公の事情とは違います。混同しないでください。

 必ずしもそうではありませんが、年齢はその人の経験を裏付けるバロメーターとなります。自分たちに関わる人がどんな経歴、知識、経験の持ち主なのかという疑問は至極当然のことで、これが男だったらなんのことなく「60歳です」と答えるでしょう。

 川野辺さんも、公の場に立つということはそういうことだと言うことを認識して欲しいですね。あなたは公僕ですよ「公僕」。


 詳しくは分かりませんが記者だって何も考えてない(事実そう)とおもいますよ。なにも女性だからと言ってわざと嫌みで歳を聞いたのではなく、単に新しい検事さんの情報を得ようとして聞いただけでしょう。
(どこかに「女性の」という意識があったということは否めませんが)


 飲食店で男性のみ値引きをすると「差別」で女性のみ値引きをすると「レディースデー」
 男親の育児休暇は相変わらず浸透していない現状です。社会は白い目で見ています。


 社会に地位を築くために女性の皆さんががんばってるのは分かります。どうぞ、がんばってください。私もそのお手伝いをしてますし。

 でもこんな言いがかりのような話しばかり取り上げられると、男女平等? 男女共同参画? はっ…ばからしい! …と言わざるを得ませんね。

 公正な評価をしてください。
スポンサーサイト

別窓 | デキゴト | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<ほ~ほけきょ | いろいろ、何色? Part 2 | タイトルなし>>
コメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| いろいろ、何色? Part 2 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。